白糠タコつぶ ステーキ丼

白糠タコつぶ ステーキ丼って?

これが「白糠タコつぶステーキ丼」だ!試行錯誤の末、ついに完成した珠玉の一品。白糠タコつぶステーキ丼の魅力を徹底解剖!●タコつぶあんかけステーキ 独自の製法で柔らかく下ごしらえした柳ダコと、つぶ貝(3個分)を塩こしょうとバターでソテー。素材の味わいを引き出す塩味のあんでまとめる。タコの上にあるすりおろした山わさびをお好みで。●ごはん ごぼうチップスをのせたごはん。お米はもちろん北海道米を使用。●トングスプーン タコつぶあんかけステーキをドングスプーンですくってごはんの上に。●海鮮味噌汁 前浜で揚がる季節の魚介を使って味噌汁に。旬にこだわるため内容はその都度変更する。●副菜(右)・香のもの 2連皿の右は副菜。たこまんま(たこの卵)やサケなど、旬の地場産食材を使って各店創意工夫した料理が登場。左は香のもの。季節により内容を変更する。全店1,000円(税込み)
●白糠タコつぶステーキ丼の定義

●白糠タコつぶステーキ丼の定義

白糠名産の柳ダコとつぶ貝を使った海鮮あんかけステーキ丼(海鮮あんかけごはん)。熱々で食べていただくために、タコつぶステーキは鉄板に、ごはんはどんぶりに盛って別々でお出しします。イベント出店用は、鉄板が使えないため、ごはんの上にタコつぶステーキを盛り、どんぶりスタイルで提供します。

白糠タコつぶステーキ丼のルール・十五箇条

  • 1正式名称は「白糠タコつぶステーキ丼」とする
  • 2愛称・略称は「タコつぶ丼」とする
  • 3白糠産の柳ダコとつぶ貝を使用する
  • 4あん用野菜はタマネギ、ピーマン、ニンジン、ス
    イートコーン等とする
  • 5協議会指定の特製塩あんとする
  • 6タコつぶあんかけステーキの調理方法および
    盛り付けは協議会指定とする
  • 7タコの上に山わさびをのせる
  • 8北海道産のお米を使用する
  • 9ごはんの上にゴボウチップスをまぶす
  • 10各店こだわりの副菜&香のものをつける
    (なるべく旬の地産食材を使用する。
    料理内容は、季節等に応じて、自由に変えても良い)
  • 11各店こだわりの海鮮味噌汁をつける
    (必ず地場産の魚介類を使用する。
    料理肉容は、季節等に応じて、自由に変えても良い)
  • 12協議会指定の鉄板、ごはんどんぶり、
    副菜・香のもの皿(2連皿)、汁物茶碗、
    トングスプーン、ランチョンマットを使用する
  • 13協議会指定の箸袋を使用する
  • 14料金は1000円(税込)以下とする
  • 15お客さまには調理後すぐに熱々で提供する

次ページ>白糠タコつぶステーキ丼が食べられるお店はここだ!